German Researchers Suggest Cannabis may be a Better ADHD Treatment than Adderall

Scientists in Germany conducted a trial in which cannabis was given to thirty patients who experienced little relief of their ADHD when using traditional treatments such as Ritalin or Adderall. All patients reported experienced better concentration, more restful sleep and improved impulse control. When the trail was concluded, twenty-two of the patients opted to cease taking amphetamines and switch to cannabis for the treatment of their condition.

This research is rather groundbreaking in that it suggests medical cannabis may be a suitable medication for addressing the symptoms of ADHD, such as poor concentration, recklessness, poor memory and hyperactivity. Prior research has shown cannabis is useful in the treatment of a variety of chronic condition but this was the first study focused exclusively on ADHD.

ADHD Treatment AdderallThis study is a ray of hope for ADHD sufferers, given that traditional amphetamine treatments carry significant risks and side-effects. That said, pot is not without side-effects and abuse potential. For this reason, many are quick to disregard the medical cannabis movement, given the substance is strongly associated with recreational use by goofy teens.

For those who don’t suffer from ADHD, the amphetamine substance is often used recreationally. It is sometimes diluted in water for injection or crushed and snorted. University students often use Adderall or Ritalin for increased concentration and mental energy when studying for exams. These drugs are also sometimes used for weight-loss as they suppress appetite.

Non-prescribed usage of Adderall is never recommended as it can be chemically addictive and has the potential for overdose. The mildest side-effect of an Adderall overdose is hyperactivity. The worst case scenario is loss of consciousness or a seizure.

Unlike cannabis, Adderall can also interact negatively with a wide variety of other prescription medications. It is also contra-indicated for many conditions, including anxiety, hyperthyroidism, glaucoma, Tourette’s syndrome and cases of kidney or liver disease.

When stopping Adderall, no matter if you used it as prescribed by a doctor or not, withdrawal symptoms often occur. Common symptoms include depression, insomnia and overwhelming urges to consume further Adderall.ADHD Treatment cannabis

Dr. David Bearman is a self-proclaimed “cannabinoidologist,” a researcher who focuses on the study of cannabis. He states that cannabis is helpful in the treatment of ADHD and ADD and suggests the mechanism is related to the ability of cannabis to increase available dopamine in the brain.

Dr. Bearman states that the effect is similar to the stimulation provided by amphetamines, such as Ritalin and Adderall. The mechanism is distinct however, as cannabis does not bind to the dopamine neurotransmitter and so interfere with its eventual re-absorption. This implies that cannabis may effectively balance brain hormones in cases of dopamine insufficiency.

At this time, the only American states which permit cannabis to be used in the treatment of attention deficit disorder are Colorado and California.

Interaction of Cannabis, Adderal, Ritalin and Modafinil. User reviews

Just like cannabis enhances music and food, certain drugs enhance cannabis.

Cannabis is the most popular is illicit substance in the USA. It’s an effective medical and recreational drug. Many people are reporting that its effects can be enhanced by combining it with other drugs. However, there are also potentially dangerous combinations which are best avoid.

Erowid is a “trip-report” aimed at harm-reduction. It includes a lot of information on drugs as well as reports from those who’ve experienced the effects. Read on for more info on cannabis combos from the Vaults of Erowid.
Ritalin and Cannabis: Dangerous Combo According to Doctors

CannabisCannabis is generally regarded as harmless, given it’s not possible to overdose on the drug or become chemically addicted to it. This does not mean the use of marijuana, or any psychoactive substance, is not without a degree of risk. It’s quite possible to become psychologically-dependent on cannabis, which can lead to similar negative outcomes as other addictions.

Ritalin is often classified similarly to cannabis, as a drug with low potential for harm. It is often used for its mentally stimulating effects, especially its ability to boost concentration. Ritalin is often considered not-addictive but this is a myth. The drug’s effects are comparable to cocaine and it has the potential to be chemically-addictive. For this reason, Ritalin is officially categorized as a Schedule II drug.

The Dangerous Behavioral Effects of Combining Ritalin and Cannabis

On a chemical level, combined use of cannabis and Ritalin is not terribly risky in terms of physiological harm. The real danger is in how the combination distorts decision-making. The drug combination is likely to lead indirectly to negative outcomes resulting from foolish decisions. One of the chief dangers is that the drug abuser will either overdose on Ritalin or combine it with other drugs with more potential for negative interactions. The combined use of multiple drugs, known as poly-drug use, is a very dangerous habit to acquire.

As with the isolated use of cannabis, it’s also possible to become psychologically addicted to its use in combination with Ritalin. This may well lead to prolonged, excessive consumption of Ritalin, a drug which becomes chemically addictive and physical dangerous when taken at high doses over a prolonged period. The Ritalin withdrawal process is highly unpleasant; its symptoms can include psychosis and depression. Overdosing on Ritalin may cause seizures, hallucinations or psychosis.
User rewiews

AdderalAlthough cannabis can cause your heart rate to increase due to the psychological reaction it induces, over time it reduces blood pressure. Ritalin however has the opposite effect, though its ability to increase blood pressure is so weak that it barely registers as medically important.

When mixing cannabis, Ritalin and alcohol, a depressive effect can be expected. Although alcohol and Ritalin have generally competing effects and affect different brain areas, it’s likely that alcohol’s ability to induce drowsiness will win out.

Ritalin and marijuana have certain synergies as they interact on specific brain areas, including the pre-frontal cortex, nucleus accumbens, amygdala, striatum and so on. Both Ritalin and marijuana boost availability of dopamine by blocking its re-absorption. Cannabis also serves to provoke the release of dopamine from the so-called reward pathway, which is primarily located in the nucleus accumbens. Marijuana also has a known action calmative effect which results from its interaction with the neurotransmitter gamma-Aminobutyric acid (GABA).

It was asserted by User 1 that feelings of fear and accompanying spikes in blood pressure and heart rate were purely psychological phenomena.

Another user, User 2, agreed with the sedative effect, echoing that any stimulatory effect was due to substances other than cannabis. This user also suggested the use of a vaporizer to avoid the ill-effects of inhaling burnt plant matter.
User 3 shared their experience of the combined use of cannabis and Modafinil. The user carefully calibrated their Modafinil dosage to a strength of of 50mg, occasionally 25mg. The user did not ingest Modafinil daily, the better to judge its effects in combination with cannabis. The user also follows a ketogenic diet and has a healthy nutritional intake. The user claimed that the Modafinil produced anti-appetite effects which counteracted the common appetite-stimulation effect of cannabis.
User 4 expressed a dislike for combining cannabis withModafinil Adderall. They felt that the Adderall counteracted the pleasurable effects of cannabis, leading to a weak high. They also said the cannabis detracted from the mental clarity effect expected of Adderall, leading to a distracted state of mind. The user also believed that combing cannabis and Adderall would induce headaches.
User 5 felt that consuming cannabis following a prolonged state of Adderall-induced wakefulness led to intensified and psychoactivity. This user also mentioned that they would, if offered, generally choose to smoke high quality cannabis if it was offered at any time following consumption of Adderall.
User 6 offered a list of the effects experienced when combining an amphetamine, such as Adderall, with smoked cannabis:

1) Euphoria
2) Creative thought
3) Intricate and in-depth thought

They stated that the subjective effect on their dialogue was to make it more insightful and witty.

User 7 recommended taking Adderall in combination with marijuana only outside of business hours. Their stated reason for this recommendation is that one can experience feelings of being mentally overwhelmed by effects of the cannabis. They stated that subjective awareness is expanded as the Adderall causes increased mental alertness while cannabis promotes a more profound processing of sensory information.

User 8 felt cannabis and Adderall (which he termed “Madderall”) were complimentary. He said that cannabis counteracted the major drawback of Adderall, which is decreased creativity. He said that particularly in social situations in which people behave conservatively, “Madderall” would make one more popular due to enhanced wit and extroversion.

Common drawback: cannabis frequently impairs spatial memory. This can lead to forgetfulness in terms of your surroundings and the placement of objects. Losing your phone or keys is a common symptom.

RitalinContra-indicated users: combination of Cannabis and Adderall is best avoided by those with particular psychiatric conditions, such as depression and especially manic-depressive disorder. Adderall may induce mania and the mental disorientation common to cannabis will likely exacerbate the episode.

User 9 reports taking 30mg. of Adderall daily and frequently smokes cannabis. He has had an Adderall prescription for a dozen years. He found it helpful in his career but experienced difficulty in sleeping. He self-medicated with alcohol to correct this but his doctor recommended 50mg. of Seroquil as an alternative. He recommends this sleep aid as, for him, it counteracts the stimulatory effects of Adderall within half an hour. This has helped him in his effort to give up drinking. He does however recommend using Seroquil with caution as it is a powerful sedative.
User 10 relates the history of his acquaintance who takes high dosages of Adderall  due to having developed a tolerance for the drug. Apparently she only feels high when using potent marijuana in combination with three 30mg. XR tablets of Adderall. It is possible her inability to easily enjoy the relaxation of cannabis is due to a pre-existing anxiety disorder.

This user says that their acquaintance greatly enjoys the combination of cannabis and Adderall as it grants her a feeling of euphoria. The user speculates that she may be suffering from an attention deficit disorder which she manages through the drug combination. She achieves greater mental clarity and speed from the Adderall and her anxiety is lessened by the cannabis.

In conclusion, it is best to know the side effects of both Adderall / Ritalin and cannabis before consuming either. If you decide to take these drugs in combination, exercise caution. Start with low doses and ask a sober friend to watch over you. Record all effects which you experience.

デソキシン対Dextrostat対デキセドリン対メタンフェタミン対デキストロアンフェタミン対Vyvanse

「さて、私はアデロールを取り出し、かつ入れVyvanse日50mgの上。Vyvanseは奇妙な薬剤である、それは(私はそれ以降に取得します)デキセドリンにプロドラッグだとあなたがそれをSnortを、またはできないことを意味し、プロドラッグされていました虐待はそれ(あなたが所定以上かかる場合を除き)この部分は私がvyvanseと私の話をし、それについての科学と事実に取得しますので、私には少し主観的であってもよいです。

私が最初にvyvanseを取り始めたとき、私は私がアデロールと、それは非常に明らかだった薬剤にあったように私には感じませんでした気づきました。私は問題の多くを持っていなかったが、それを取るの最初の月のために、私は実際に一度のために食べることができ、通常私は時計を見てまで私が行ってしまったどのくらい知っているだろうと私はノンストップで働いてきた実現しました任意の気晴らしやI一日の終わりに到達し、「いまいましい私は多くが今日行われました「行くとせずに6-8hoursのために今、私はvyvanseとに走った問題は、私のために個人的に、私は薬を非常に高い代謝を持っているということですそれは4-8時間からどこでも持続することになり12時間続くことになっていると、その後、私は一種のダウン寿命に感じるだろうとベッドに行きたいだけだろう。しかし、それは私だけ、何人かの人々が、さらに時には完全な12時間のための効果をそれを取ると感じることができるのです。私のようであり、それは想定通りの前に道をオフに身に着けているお薬を持っている傾向があることがあり、それらのうちのいずれかに、

私はそれがあるかもしれない理由についての理論を持っています。 Vyvanseは、3-4時間の時点で、あなたの血液中のピーク血漿だ達します。私は私の心が最も遅く感じるだろうし、何の問題もなく、私の生活について行くことができるだろうというときです。それは私がそのピーク血漿マークを過ぎて行く一度私のシステムにおけるアンフェタミンの量はちょうど私が60mgの上に、今だと、おそらくすぐに70mgのに格上げすることになるだろう、従って理由、私を保持して行く私を維持するのに十分ではないようです心理学者とプライマリ医師によって保持された私が出席した会議では、より高い用量は、実際にそれらの経験の私の一種で、特定の個人のためのADDの薬の副作用に対処するに役立つことがあります。

今、あなたはvyvanseを取るか、ここvyvanseにあなたの子供を置くことについて考えている場合に考慮すべきいくつかのものがあります。まず、Vyvanseは高価です。薬物は非常に高い価格です。米国では、30日間の供給のための$ 250です。私は私の保険は、私は他のすべての薬を追加しようとしたそれらを言った後、$ 80にそれをダウンさせる持って幸運だった(実際には真実ではありませんが、私は説明する理由はそこにある)私もからクーポンを持って30日間の供給のためにダウンして$ 40の価格をもたらしたvyvanse.com。あなたがあなたの保険を心配しているので、もしVyvanseは文句を言わない、再び、薬理学的な見通しから、vyvanseも詐欺であるため、実際にその自己vyvanseよりも良いかもしれ他の選択肢があるとそれをカバーすぐにジェネリックいつでもできません。 Vyvanseは、基本的には非常に長い時間を回避されているデキであり、それはアデロールの主な成分です。 Vyvanseは、lisdexamfetamineの化学名だvyvanseを与えるL-リジンと呼ばれる必須アミノ酸でだけデキあります。

これは基本的に、この余分なアミノ酸でデキだけあなたの腸で分解することができることを意味します。 Vyvanseはインチもう一度、私はVyvanseバッシングいないよ私はちょうど述べている事実と私の経験をキックするために2つの時間を取ることができる理由でもあります。私はすべての彼らの薬を試してみる価値あり、彼らはあなたのために働くならば、それはそれは重要なすべてだと信じています。なぜちょうどデキだピルは、だから私は..デキがアデロールとVyvanseであり、そのデキが他のアンフェタミンベースのADD薬よりも副作用がありますので、どのように言及がありません?まあそれは、デキセドリンとDextrostratと呼ばれています、があります。私は両方を処方されてきたと正直に私は、彼らが最高のを働いている撮影したすべてのADDの薬のうち、言わなければなりません。あなたはそれがはるか​​に穏やかで優しいですが、あなたはその有線アウトひねら感を得ることはありません、薬にあなたのように感じることはありません。

問題は、それが負の汚名だのため、医師がデキセドリンやDextrostratを処方するために好きではないです。それは、かつて非常に虐待された薬物だったとデキストロアンフェタミンは、アデロールのレクリエーション利用から来て「ハイ」と幸福感に責任を化学物質であるので、それは実際にアデロールのレクリエーション利用の責任です。私にとっては、私は一度それを取ってから、この「高」に気づいたことはありません。私は実際に他のすべてのADD薬と比較して最も通常のを感じましたが、何らかの理由で、私の医師はそれは彼が何かは私が見るために私の精神科医に持ち出すつもりはおそらくある再び私にそれを処方しないことをマークダウンされていました彼は私にそれを処方します場合。そ れは限りvyvanseとして持続しないが、あなたは一日(デキセドリンの即時放出を)3 Dextrostratsを取るか、または2 dexedrines日(延長された放出デキストロ)ができたとき、私からの撤退以外に、この薬を服用するとき、私は個人的には何の問題に遭遇しました私は別のポストに入るだろう週のためのADDの薬の服用を中止することを決めました。でも、私は皆のためにそれをお勧めしません。あなたは中毒性の​​性格を持っている場合は、それを十分に取れば、それはあなたが高いと非常に陶酔されますので、その後、デキセドリンはあなたのためではありません。今..私は育っていない最後の薬があると私はほとんど立ち上げる心配を感じること..

デソキシンもメタンフェタミンHCLとして知っています。はい、そのとおり。彼らは、ADDのための医療メタを作ります。チャンスはあなたが明白な理由のためにそれを処方されることはありません飽きないだろうしています。面白いことは、デソキシンは少なくとも副作用を持っているし、そこに最も効果的なADDの薬であることが知られているされています。メタ背後に負の汚名は本当にこの薬はADDとADHDの治療のための革新的な薬になるチャンス台無しにしています。これは実験室で作られた本物のメタンフェタミンである、これは何人かの浴槽で行われたメタではありませんを参照してください。メタの人々が路上で買うので、多くの化学物質がバッチに追加されている理由だと、ユーザが高くなるように設計されています。デソキシンしかしただ純粋100%のメタンフェタミンであり、それにはバッテリー酸または他の有害な化学物質を持っていません。これは、医薬品グレードだと高いユーザーを取得するにはADDではないに役立つように設計されています。

明らかではない中毒性の人格を持つ人のための何かが、多くの人々を助け、私は実際に私は、少なくともそれを試してみると、それは誰もがある奇跡の薬だかどうかを見ることができるかどうかを確認するだけでなく、このについての私の精神科医に話しを計画できるようなもの夢中。私はこれは医学、ちょうどそうADHDのための最も効果的な薬の一つであると私たちのほとんどは、それが乱用の可能性が高いですのために私たちの手を得ることはありませんことを追加することが起こるの薬である、それは悪い音を知っているが、心に留めておきますあなたは薬物乱用者いないのであればしかし、私の目には、その後デソキシンを1つにあなたをオンにするつもりはありません。私はあなたの子供のメタ与えるだけでなく、オープンマインドを維持するために言っていません。

私もそれが唯一のだけでなく大人に処方だと考えているだけに5mg錠で提供されます。私が試したことがないデソキシン以外の唯一の薬剤がストラテラました。私は私が何かをしようとする理由がない私は個人的にアンフェタミン私のADDを支援するために知っている、プラスそれは化学や薬理学だの私は大ファンではありません。だから、あなたの子供は、クスリに置く必要がありますか?さてあなたは今、私の個人的な経験から、サイドノートに沿って事実を持っています。選択はあなたの手の中にあります。私は個人的に脳の発達のために良いですが、私は精神などの強力なアンフェタミンを信じていない非常に若い子供たちが(13歳怒鳴る)するためにそれらを推薦しないと確かに彼らがしている場合、誰かが若いが実際に追加されたことかどうかを知るかしません学校は退屈なので、まだ学校に座ることができないだけで平均子供。

ADD開始の他の徴候が出てくるするとき薬は私が笑この長い引き出された後に早期に言及したもの、について考えなければなりません。それは今午前2時だと私は本当に疲れているので、私は心理的に彼らが生み出すことができ、ADHDの薬物療法に代わるとも私が話をしなかった危険のいくつかについては、将来的にポストを作成します。決してこの抗薬ポスト、地獄です。私はそれらを取る、と私は行うための最善のことはポジティブとネガを秤量し、どれが重く参照であることがわかりました。さて、私はこれがあなたのいくつかを助け、私はya’llからの聴取を楽しみにして願っています。 「おやすみの皆を持って、あなたがだけではありません覚えています

アデロールのXRとコンサータ効果:レビューと経験

私は5年以上にわたってADDと診断された成人の午前、私はまた、心理学、薬理学のバックグラウンドを持っています。私は最初の医師に行くと私は日常生活に私の一日に直面している問題の多くについて彼に言った後、16歳でADDと診断されました。高校で先生を含め多くの人が、私は多くのことを話したないし、いつもかなり保たないので、私は注目の問題があったと信じていませんでした。それは私が私の頭の中で起こってたくさんあったわけではありません。私はいつも、実際の授業よりも、すべてのものが私の周りで起こっに興味があった、思考を停止することはありません、私自身の考えで迷子になる、夢について空想その後空想だろう、と私は注意を払っていない知っていたとき、私は私をしようとするだろう最も困難なフォーカスを取り戻すためにそれを行うことができませんでした。それが私の最初のポイントです。 A

DHDとADDは、両方の注意欠陥であるが、それらは非常に異なっています。私は穏やかなようだとずっと話したり私は自分の頭と私の周囲の内側に迷子に多くのことを周りに移動しない状態という意味、ADDています。 ADHDは、基本的には、ADHDを持つ人は、より外向的な方法で症状を提示するため除いて同じものです。今すぐ上の移動なので、誰かが本当にADDまたはADHDがある場合どのように知っていますか?開始するには、まだ学校に座っているか、意識的に集中しないように選択すると、ADDまたはADHDされていないことができません。同じ人々に囲まれて一日8時間のための建物で立ち往生している、同じレッスンはあなたが聞きたいか、明らかにあなたが集中し、周りに移動したくないするつもりさには関心がありません。

環境は、そのような状況を作成します。レアルADD / ADHDは学校を超えました。あなたは物事を開始し、決してそれらを終え、一度に10物事を開始し、決してそれらを終え、あなたが興味を持っている何かを開始し、決してそれを終える、あなたの脳は絶えずあなたに始める、あなたが自分の考えで迷子に、高RPMで実行されています多 くのことを空想、あなたが集中することができるということは、あなたのコントロール外であることを感じて、どんなに一生懸命やっても、に自分自身を10回 に思い出させた後でも、あなたは常に物事を忘れて、あなたは時々考えず物事を言う、あなたはそれを行うことはできませんしようとしませんあなたの脳が速くしようとしているので、あなたが思考にはまり込むその事を取得し、あなたは午前中に目を覚ますと、すぐにあなたの目を開くと、あなたの脳はすでに解雇し、すべてを考えているあなたが話すとき、あなたは時々吃音ますあなたがあなたの脳を遮断することはできませんので、何度も繰り返し、あなたは不眠症を持っているかもしれないあなたは既に常にあなたが常に将来を考えると、どこであなたの人生は、今考えているので、あなたが不安を開発する可能性があり、同じことを考えておくループ行く日がもたらす、あなたがうつ病を発症し得ることは無限の可能性をもう一度、あなたはすでに、すべての時間を考えていると何か悪いことは今あなたが過去を考えると後悔のウサギの穴を下つもりだあなたの生活の中で起こっているされているため、およびまたは悲しみ。

私が作った最後のいくつかのポイントは、私が話をしたいの大きなものです。 ADD / ADHDは、うつ病や不安を生み出すことが知られています。どちらも私は現在と診断されています。あなたは関係が終了しました。と言うことができます、/ ADHDと動揺何かを追加していると言うことができます。 ADD / ADHDのない人に、彼らはしばらくの間、悲しいこと、その後、最終的に移動します。しかし.. ADD / ADHDの人々は通常、多くのことを感じ、感情的にそれがあります。悪い行くの関係のような単純なものは、私たちを引き裂くことができます。私たちの美しいが、危険な速いペースの心で、私たちは、それが間違っていたか、その関係について考える傾向がある私はそれが私がなぜこれが起こったのか?、その後、我々はブラックホールに落ちる?今何をしますか?修正することができます過去を考えると、多分私たちのADD / ADHDの関係で始まるためにばらばらになった理由であると考え、我々は多分見ないか話すんが好きになるだろうかについて空想、再びその人を見てについての空想を開始します再びその人に、またはどのようにこれのどれが起こったのないかどう物事があったのだろう。

私たちは考え過ぎます。それは、うつ病や不安につながるものです。今、この関係についてである必要はありません、それはあなたの人生で起こる負の何でも可能性があります。あなたの脳はちょうど制御不能にスピンを開始し、これは彼らが誰かが注目の問題を持っていることについて話すとき、多くの人々が実際に考慮していないものであり、それはふてくされて、私はそれは子供と大人の間で非常に一般的だから、誰もが知っておくべきと考えている何かADD / ADHDを持っている人。今、そうは言って、薬。あなたはあなたの子供は、クスリに置く必要がありますか?まあそれは最初、彼らが実際にそこにフォーカスの制御を持っていないことを確認して、それが学校の外でまたは仕事以外そこでの生活に影響を与えることだと、私はについて話しましたうつ/不安を覚えて、あなた次第です。あなたは、あなたやあなたの子供は本当のADDたと思われる場合には、薬物療法は本当にあなた/彼らの生活を向上させることができます。

私は現在、私のうつ病や不安を支援するためにパキシルの側に10mg沿っ日Vyvanseの60mgのを取っています。私は最終的にそれをやってみることにしましたまで、私は薬の大ファンだったことがありません。私が最初にそれが何らかの形で私は学校でもっと良いものにするために管理しなかったが、私が最初に16歳で診断されたとき、私は怒っている感じ始め、多くの場合、自分が日中に多くのことを混乱見つけるだろうコンサータを取ってスタートを切った、しないように言及高理由もなく、高血圧、およびマイナー不安のために発汗、心拍数、。しかし、それは私だった、誰もが違うとそれは私がについて話をするつもりですすべての薬のために行きます。私が17歳のとき、私はその後、アデロールXRに切り替えて、最初の週私はアデロールXRが幸福感を引き起こすことが知られているアンフェタミン塩のミックスされているため、共通している、ほとんど陶酔感じました。

おさまったと私はより多くの警告を感じるようになった一週間後に、より明確に向かって、それが私の考えが鈍化したと私は実際に考えることができるように、私はクラスの質問をし始めると、学校の外で、私はすべてを行う傾向があると感じました私はその日のために行うために必要なもの。今私はアデラールがあるとに走った問題は、時間の長い期間のために毎日それを取った後、あなたは本当に速い寛容を構築し始めます。私はアデラールIRの15mgのために、一日一回アデロールXR 30mgのために、一日一回アデロールXR 25mgのために、一日一回アデロールXRの濃度15mgから一日に三回行き、一旦アデロールXR 30mgの日にとクラッシュを避けるために、午後にアデロールIR 30mgのは(身体が疲れ薬が切れる、不安はあなたのドーパミンレベルが実際にベースラインより下のバックドロップダウンしているすべてのため、落ち込んで、モチベーション排除を感じ、でキック)。

私はADDを管理するために、可能な限り高い線量を取っていたし、副作用が悪化した投与量の増加に伴って、クラッシュがはるかに悪い感じ、私は薬は、私は時々自殺になるだろうオフ着ていた点でした。アデラールは、私はそれとほぼ詐欺や危険な参照薬理学での私の背景を持つ偉大な薬であることが、私にすることができます。彼らは主に中枢神経系の興奮剤であるdextroampthetamineを取るとPNS刺激であるlevoamphetamineとそれを組み合わせます。 Levoamphetamineは本当にそれがないすべては、あなたがより良い言葉がないために不快でほぼ「変わった」と感じるようにすることです、何の目的を持っていません。 Levoamphetamineは基本的にランダムな発汗、ジッタ、混乱、むずむず脚症候群、エネルギーのバースト、および歯ぎしりを引き起こすものです。再びしかし、これはアデラールにちょうど私の考えです。私はそれを撮影したし、何の問題を抱えていない多くの人々を知っています。私もたくさんの人々がに関連付けることができます知っているだけLevoamphetamineの事実とアデロールと私の物語があります。

ナルコレプシー脱力およびジョブの損失

こんにちは友人私の名前はアシュリーと私は29歳です。私について少し戻っ中学2年生で、それは私が数学を持っていた右の凹部の後に第三四半期でした。私は私がダウンしてノートを取り、注意を払ってから、すべての突然のノイズが存在するであろうと私は目を覚ますだろうと私は私が読むことができませんでした非常にずさんだった私のノートに眠っていたことに気づかなかったことだろうと思いました。私は脱力発作と脱力iResearchのナルコレプシーをはじめた二年生だったし、私の両親に家それをもたらしたとき、これはしばらく続きました。

私の目の前で紙と私の両親と私は健康だということを、私はちょうどより多くをスリープ状態にする必要が私に言いました。私は自分の部屋で二階のすべての時間寝ていたと家族と一緒にダウンしていなかったので、まあ、私の母は文句を言いました。私の脱力発作は、私の両親と私は薬にあった子供たちを始めと私は考えて彼らのために規律に非常に悪いに着いたとき、私は薬にありました。ちょうど私が興奮するだろうというときによって、悲しい私の膝は、これは本当に奇妙なことをするだろう私の口の中で私の下に下落するだろう。それは私が、私は睡眠研究のためで行きました2010年に私の夫と結婚した後でした。私の医者はそれが彼が見てきた最悪のケースであると言いました。看護師がスリープ状態に行くために私に言ったとき、彼女は私がすぐに眠ってしまったと即座に私は夢を見始めたと述べました。

私は非常に多くの異なる薬を試してみましたが、今私はナルコレプシーと脱力発作のためにその作業1に上です。私はナルコレプシーでとても孤独されているので、多くの質問があります。私の医者はそれが遺伝性であるが、私はそれを持っている私の家族の中で誰を知らないと言います。私は2008年に私の息子を持っているとき、私は家に滞在し、デイケア。財政的に私の夫は私がオフに移動して、ジョブを取得したいです。彼はユーチューブのビデオを見ないように、彼がナルコレプシーをよく読んでいないだろうし、彼が何であるかナルコレプシーを理解しないために、それは非常に感情的な取得します良いサポートシステムではありません。

私は私の最初の質問は、あなたがたのうち、障害が脱力発作でちょうどナルコレプシー持つために修飾んですね?私はAllsupと呼ばれ、彼らは私も適用への一年間の失業者でなければならないと述べました。私は一つだけの小さな一を持っているので、私は晴れの日の注意を払って行われていますが、私は私が上で非常に高い取得し始めていると私はすべてのことを捨てたくない直接販売会社にいます。私はイリノイ州に位置しています。私はちょうどそれは、誰かが障害者を得るために失業者でなければならないことをクレイジーだと思います。私の直接販売会社は、ちょうどパートタイムの仕事です。あなたが障害者を取得する場合は、に行きましたどこにどのようにそれを取得するのですか?私は仕事を取得したいにもかかわらず、私の仕事は、私が休むためにダウンタイム私の座り込みを持っている必要があることを理解する必要があります。彼らが私を雇って、再度私を呼んで、彼らは他の誰かを見つけた私に言った後、私はナルコレプシーを彼に話した過去に2つのジョブがありました。それは残念です

NuvigilとEDSと脱力発作対拡張リリースメチルフェニデート

私は話をする必要があります。数週間前、私はナルコレプシーと診断されました。私の医者は私にNuvigilを処方し、私はそれが(偶数のみ37.5mgの上で)私はそのように病気に作られた3日間食べていませんでした。そこで彼は、リリースメチルフェニデート拡張を10mgに私を切り替えます。私はだけ家かそこらのために助けられた短いリリース1になるように使用しています。拡張は、すべてで私のEDSと脱力発作を和らげる支援されていません。

私は私の扁桃腺の大きさを倍増ウイルス喉の感染症を持っていたので、先週、私はすべての週の仕事の外でした。私はすでに予定に行くすべての私の病気の時間を使用していたので、一週間無給を取らなければなりませんでした。幸いなことに私の仕事は私の問題を非常に理解であっても、私は目を覚まし滞在することはできませんように私は私が感じている余分な休憩を取ることができます。 (…今のように)

私は哀れな感じと私の体が何をしたいすべてのベッドと睡眠中の素人であるとき、私は正常だということをふりをするのに苦労しています。私は週に仕事外であったとき、私はほっとし、文字通り罪悪感なく一日中寝ていました。私は私の体はそれを撃退し、とても気分が悪くするのではなく、ために求めているものを行うことがしたいです。だから落ち込んと今絶望的な感じ。

Unisom対Flexeril対アデロールとベナドリル対メラトニン対ザイレム

longnessのため申し訳ありませんが、質問は終わりに向かっています。読書とご協力いただきありがとうございます。
マイドキュメントは、不安のために一日二回と何か20mgのアデロールに私を置きます。不安は今神に感謝はるかに優れています。二回アデロール上の日が今はるかにあり、必要に応じので、私は一日を通して10ミリグラムを、それを分割しています。マイドキュメントは私のGPですが、偉大な医師や睡眠障害を知っていて、私を信じ、私に耳を傾け、すべての私の懸念に対処していく所存です。彼が好き。彼が上で確認されていません、実際の睡眠を助けることができ、より良い睡眠を得るのを助けることができるクスリです。私はザイレムについて彼に尋ねた、彼はそれの確信が持てませんでしたが、それに見ています。私の質問はy’allのは、あなたがより深い睡眠に到達し、順番にあなたの一日の時間の症状を助けること助けを取るのが賢明medが役に立ったと評価していたものです。

アデロールと覚せい剤は、それらを許容することができることを私たちのもののために大いに役立つことができますが、それは回復睡眠の欠如である問題の核心で問題に対処しません。私は高いがstimsのないようにするための必要性を減らすことができますので、私は私の睡眠を助ける何かを見つけるしたいと思います。メラトニンは私のために何もしません。どちらかBenedryl。ザナックスは私が眠って簡単に落ちるためにリラックス助けることが眠って滞在しない場合があります。 Unisomは眠りに落ちると、どちらか長い眠りに滞在するうえで非常にうまく機能するか、私はまだ昼間の問題の多くを持っているとして簡単にスリープ状態に戻ったが、睡眠の質を助けないウェイク場合。

ずっと寝るが、痛みやRLSから復帰から私を続けて助けにはなりません。私はまた、筋肉のリラクサであるいくつかの使用のバクロフェンを聞きました。それはflexirilとは異なる動作するかどうかだけで不思議。誰もが他の提案ともあなたはそれがこのように私たちの昼間の症状を助ける睡眠のより深いレベルに到達するのに役立ちますことを示すために提供することができる任意のリンクを持っています。私は彼のアイデアとそれが何であるかにいくつかの文献を持参し、それがどのように動作するか彼は私がそれを試してみましょうされますドキュメントの種類がある場合。すべてのご協力いただきありがとうございます。すべてのあなたの個人的な経験を持って、私が何について話している知っているので、ウェブ上のすべての情報のうち私が最初にここに来ました。

アデロールザイレムアンビエンとクロノピン対睡眠時無呼吸。 経験

私は2014年に診断された、医師たちはザイレムを開始し、私のstimsで私を維持すべきであると決定した(アデロール10mgの)
苦しみの約2年後、私は可能な最悪の副作用を通して苦しみ意味(嘔吐毎晩、発汗、夜尿症、闘争行動、やたらと発汗、悪夢、最悪の場所の電気ショック療法で眠りに落ちる夜驚症、人格の喪失、.. 。)私はちょうど約あきらめていました。ザイレムは、もはや私のために働いていませんでした。私たちは、私がザイレムが正しく動作することを可能にしなかった重度の不安を開発したので、それがあったが分かりました。
ドクは、ザイレム私を引っ張っ私のstimsを続け、計画はザイレムを継続する不安を治療する方法を見つけることでした。
5-6ヶ月はで行くと私の不安/抑うつは制御下にあります。しかし、私は二度とどこでもザイレム近くになることを望んでいませんでした。 Xのオフに来て、それだけで、副作用の価値はなかったこと、その上および2.ながら1.Iは完全に別の人だった実現に目が覚めました。

私の睡眠の専門家と医師の約束をしたと彼は私がザイレムを継続したくなかったので、ことを私に言った、私は夜寝る助けるために利用可能な他には何もありません。 (私もINSANE不眠症の発作を持っている。)彼の計画は私にstims後stims後stimsを供給し続けることでした。よくねえ、少なくとも私は目を覚まし、右だから?いいえ。

私はおそらくセカンドオピニオンを見つける必要がありますことを決めました。私は魔女狩りに街の外に出なければならないだろうし、それは私が行うには忍耐やwiillを持っていなかった事のタイプだったという事実を躊躇しました。

ITが面白いところです。
私のボーイフレンドは、OSFセントフランシス病院で睡眠時無呼吸のためにテストされる睡眠の予定を持っていました。この病院は、右の私が見ていた誰から高速道路を横切っています。私たちは部屋にあったが、私は予定の最後まで患者でした。私は、彼らがPWN&Cを治療するために訓練されてどれだけの背景を取得するためにいくつかの質問を育てました。これは私が続いて含み笑いを与えることによって、私の人生の中で医師の応答を聞いたの初めてです:私たちは一日何百人もの患者を治療します。それは我々が何をすべきかです。
私たちは、予定を設定することができたとさえ私が必要な睡眠を得るために他のオプションを育てました。それは大きな安心感でした。私の予定は7月12日のためです。

さて、今日は、私はもう少しオープンマインドである誰かに睡眠医師を変更するであろうことを彼に伝えた(彼は私の不安/うつのクスリを管理する)私のサイケを訪問しました。私は数ヶ月に一晩中寝ていない言及しました。彼は自動的にクロノピンの私の非常に少量と一緒に取るために私にアンビエンの非常に低用量を処方し。私は私の睡眠今夜は私が2015年以来持っていた最高の睡眠になるだろうことを知って、ほぼ涙にオフィスを立ち去りました。

かいつまん:治療を見つけるとナルコレプシーの診断は、ピオリア、イリノイ州の都市で非常に困難です。それが原因の障害がどのようにユニークで診断し、どこにでも治療するのは難しいです。しかし、私は私の多忙な、眠い、疲れ寿命を考え出すに行く途中で、最終的にだと思います。私は私がより興奮できませんでした!

今のところ、私のクスリはで構成され
朝:アデラール30mgの、プロビジル200mgの、クロノピン.5mg
ナイト:アンビエンは5mg、クロノピン.25mg、ゾロフト100mgの

睡眠時無呼吸に対するLunestaアンビエンとザイレム。 経験

診断はナルコレプシーに非常に慣れていないので、私が見てきた私のオリジナルの睡眠医師。だからザイレム後に起因する私はそれを取って停止した不安に動作しませんでした。私は抗不安&抗うつを管理するために博士Hを見て始めました。もともと安らかな睡眠のためのオプションについての私の睡眠ドキュメントを依頼するつもりでした。私はほとんど物乞いのポイントでした。私は一人で覚せい剤に日中起きていることができるよそれはそれらを増加し、非常に浅い眠りを有することを意味します。私は常に目を覚ますの5日間を行ってきました。私はまた、不眠症を持っています。とにかく、彼は他の薬剤がザイレムといくつかの覚せい剤以外のナルコレプシーのために承認されていないと主張しました。 (技術的に正しい)が、ナルコレプシーのすべての場合は、一意に処理されます。ほとんどがナルコレプシー自身のためにFDAにより承認薬ではありません。彼はナルコレプシーに精通していないということに言及すると、彼は睡眠クスリを処方に慣れていないのです私に言いました。だから、明らかに私はstimsに怒っすることができない、不眠症で夜に眠ることを期待しています。睡眠不足は、私は気分が悪くなり、私に頭痛を与えます。
私は可能性睡眠時無呼吸のためのJの睡眠の任命に行ったとき、彼または彼のスタッフのいずれかがナルコレプシーで患者を治療する場合、私は、docに尋ねました。彼は数百人の上に述べました。 (これは私がメソジストに行っていた。OSF睡眠センターである)ので、私は睡眠と私は薬が必要になっていなかったので、私は私の最後の手段として、博士に会った7月12日のための約束をしました。だから私は、先生と会ったすべてを説明し、彼はアンビエンに私を置きます。それは素晴らしく動作します。私は即座に私は次の日目が覚めた第二の硬化感じました。私は博士と別の予定をスケジュールしたように、残念ながら私の体は、重篤な有害反応があったと私は新しい睡眠ドキュメントを参照して、そこから自分の薬を管理できるようになるまで、今私は(基本的にアンビエン)lunesta上です。私は彼を呼び出すの一日か二日以内に参照DRに入ることができますよ。だから薬をしようとするだけで数週間待たなければならないために睡眠の専門家を呼び出すよりも簡単です。うまくいけば、lunestaはあまり時間が新しいドキュメントで睡眠クスリを議論無駄にされるようにうまく動作し続けます。それはとにかくやることが疲れるのです。私は最初の夜アンビエンを取ったときにすべてが4日に変更されました。私はアラームなし、午前7時によって目を覚ましと準備してきました。私はあまり家事をすることができました。ジョーダンは、私は新しい私のようだと述べました。私は素晴らしい睡眠を得ているので、私は自然な陶酔高を経験していますように感じます。そして、ちょうど薬の4泊からこの前向きな変化のすべて。私もこの偉大さを感じたりザイレムとに閉じませんでした。それは最終的に違いを見るために8ヶ月を要し、それは半分の時間を動作しませんでした。 Lunestaは、私はそれを開始して以来、私が硬化感じて働いていました。そして、それはザイレムより良い仕事の地獄を行います。