モダフィニルとADHDナルコレプシー治療

モダフィニルは、ADHDの治療のための強力かつ有益な代替として浮上しています。このようなlmethylphenid​​ateやアンフェタミンなどのADHDの治療に他の脳覚せい剤の使用に伴う副作用に関連する多くの懸念があります。モダフィニルと、重症度等の副作用の危険性が大幅に低減されます。

モダフィニルは、基本的には人に覚醒を促進する薬剤です。このような薬物は、eugeroicとして知られています。

この薬物の作用機構は、体内のヒスタミンのレベルを増加させることです。ヒスタミンは、睡眠/覚醒サイクルの調節に大きく関与していると個人が昼間に興奮し、目を覚まし保つホルモンです。したがって、モダフィニルは、間接的に脳を活性化し、直接ではなく、人の心理に過大な副作用を引き起こす可能性が脳中枢を刺激するよりも、そのような不注意などのADHDの症状を扱います。

モダフィニルは、衝動制御、動機及び焦点において重要な役割を果たしている神経伝達物質ドーパミンの活性を増加することが知られています。

このように、モダフィニルは、注意欠陥過敏性障害に苦しむ人々を治療するための優れた薬剤の選択肢です。

Leave a Reply